記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い記事だと思ったらクリックお願いします!

メイヴに思いを馳せる

ika1.jpg

常闇回想編、最後はイカちゃんのお話。

Ver 4.1のハイエンドコンテンツは4月実装だそうなので、常闇の寿命が延びた感はありますね。
ダクキン、レグに引き続き、メイヴについて思い出してみます。

■ メイヴは弱かった
これは多分に誤解を含んだ表現なのですが、メイヴ実装時の正直な印象としては、こうなります。
ダクキンが強かったので、私も討伐隊を結成し、初日からⅠ→Ⅱ→Ⅲ→Ⅳと倒していきました。

WS002750.jpg

ⅠⅡは弱かったものの、ダクキン同様に本番はⅢからだと構えていたらⅢも弱く、いやいやさすがにⅣは強いだろうと思いきや、Ⅳも弱かったという感じでした。

通常行動に回転アタックや触手れんだが入ってくることは織り込み済みだったので、Ⅳ初日の一戦目からまも占賢構成で臨んだところハマった感じはありました。
メイヴ実装前から、「そろそろ占いか賢者が来る気がする」と語っていたリアル占い師しじみの慧眼には恐れ入るぜ…。

C811cRKVwAANj5N.jpg

当初は固定なら戦バトorまも2道僧かまも2占賢、野良なら戦2占僧がテンプレでしたが、リンク雨や世界、災禍戦車、塔での石割りの強さから、だんだん固定では占賢構成が中心となっていったように思います。

ダクキンでは1ヵ月くらいかかった全アイテムなし討伐も初日に達成し(審判と節制があればこそですが)、3人討伐を何職かでやったあと、イカからはだんだん足が遠のいていきました。

回想ということで初日の動画を置いておきますが、立ち回りは本当に酷いものです。



■ メイヴは実は強い
そんなわけでTAはおろか動きを詰めること自体ほとんどやってこなかったメイヴなので、公式TAでも10位という燦燦たる結果でした。

さんざん弱いと言ったイカちゃんでありますが、いざTAをしようとすると、常闇の中でも最も難しい部類に入るという印象があります。
それゆえ、メイヴは最もTAに向かない(やりにくい)とも、最も向いている(やりがいがある)とも言える気がします。

理由は沢山ありますが、前衛目線から一つ挙げるとすれば、イカ前衛の極意が”差し込み”にあるというのがあります。簡単な動画を使って説明します。



ここでの流れとしては、
①イカ1回目の行動:前衛2人が位置を入れ替えると、近い方に振り向く→範囲なので、雷撃か回転(かゲノム)→回転に備えて様子を見てから、はやぶさを差し込む
※ 範囲攻撃の判断はあらゆる戦闘で重要です

②イカ2回目の行動:イカはAI3なので、ノータイムで行動がくるので様子を見る→回転なので避ける(ツッコミでなく歩き避けして、もう1回はやぶさがベストでした)

③イカ3回目の行動:後衛にスプラッシュ→安心して超はやぶさ
不死鳥を含め硬直の長い技は、こういう安全な時間に打つようにします

これは簡単な例ですし、最適行動をとれているわけでもないですが、何が言いたいかというと、イカ前衛を”個”として詰めるということは、このあたりの精度をひたすら高めていく=イカのどの行動に対して、自分のどの特技をどのタイミングで差し込めば”回転→避け”や”触手れんだ→やいば防御”が可能な状態で攻撃していけるか、をひたすら体で覚えていくことだということです。

kaiten.jpg

もちろん実際にはタイミングだけでなく、イカの何回目の行動なのか(AI3後には数秒の隙がある)、CTはどうか(回転やどろはきなどにはCTがあるので選択肢から消去していいタイミングもある)などを考慮し、時にはギャンブルもしながら、脳筋とチキンの狭間で高dpsを出していくのが重要だと思います。

勝つだけなら、チキンに徹し、安全にダメージを与えていくだけでも時間は十分に間に合います。しかしタイムを詰めようとすればするほど、脳筋とチキンの隙間は、針の穴ほどに狭くなっていくでしょう。これが私の思う、イカTAが難しい理由の一つです。

■ イカしてみようかなぁ・・・
もちろん全体としてみた場合のイカの要点は他に山ほどあり、相撲反撃誘発をはじめとして、意志が共有されていなければ一転して地雷行動となるような、野良や寄せ集めパーティ泣かせの部分も多いと感じています。

自分もこれ以上イカを語るにはやり込みが不足していると感じており、最近水7ベルトも卒業できたので、次のハイエンドまでちょこちょこイカして、何か役に立つようなことが書ければいいなと思っています。というわけで、

イカ、イカないか。


良い記事だと思ったらクリックお願いします!

コメント

前衛の位置を入れ替える
つまり相手と近い位置にいるプレイヤーを変えることによって範囲か否か判断するっていうのは一定レベル以上ではタゲ判断時に自然とやるんですけど
こういうテクニック…というほどじゃないかもですが広めてくれると多分全体の底上げになるかなって思います
常に敵にぴったりくっつく人多くてやりたくてもできない場合もあるんですよー
サラッと文中にありますけど知らない人多いと思いますよ

Re: タイトルなし

> 前衛の位置を入れ替える
> つまり相手と近い位置にいるプレイヤーを変えることによって範囲か否か判断するっていうのは一定レベル以上ではタゲ判断時に自然とやるんですけど
> こういうテクニック…というほどじゃないかもですが広めてくれると多分全体の底上げになるかなって思います
> 常に敵にぴったりくっつく人多くてやりたくてもできない場合もあるんですよー
> サラッと文中にありますけど知らない人多いと思いますよ

コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、こういう基本的なところの方が重要だったりしますね!
盛り込んでいきたいと思います。

脳筋とチキンの狭間で~
いい言葉

Re: タイトルなし

> 脳筋とチキンの狭間で~
> いい言葉

ありがとうございます。
ぱっと思ったままの言葉でしたw

No title

はじめまして! いつも楽しく読ませて頂いてます。

メイヴは個人的に大好きです!
メイヴ戦は職業や構成による優劣の差が他の常闇にくらべて小さいように感じるのです。つまり選択肢が多い!
これは優秀な常闇開発チームが意識してがんばってくれたのだと解釈して勝手に感動しています。

メイヴは噛めば噛むほど味の出てくるスルメのようなボスだと思います。(イカだけに)
たっくんさんの本気を楽しみにしております!
長文失礼しました m_ _m

Re: No title

> はじめまして! いつも楽しく読ませて頂いてます。
>
> メイヴは個人的に大好きです!
> メイヴ戦は職業や構成による優劣の差が他の常闇にくらべて小さいように感じるのです。つまり選択肢が多い!
> これは優秀な常闇開発チームが意識してがんばってくれたのだと解釈して勝手に感動しています。
>
> メイヴは噛めば噛むほど味の出てくるスルメのようなボスだと思います。(イカだけに)
> たっくんさんの本気を楽しみにしております!
> 長文失礼しました m_ _m

コメントありがとうございます!
おっしゃることよく分かります。テンプレどうこうというより、要点をおさえれば工夫次第でいろんな構成で討伐できる楽しさがありますね。私もしばらく、噛みしだいてみようと思います(笑)
またご助言よろしくお願いします!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。