記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良い記事だと思ったらクリックお願いします!

【邪神周回】 妖女と災獣 攻略

queen6_4.jpg

真のエンドコンテンツ、邪神周回。
それは神ベルトを求める終わらない旅・・・

■ 邪神周回のすすめ
防衛軍も楽しいですが、同盟バトルのエンドコンテンツとして長い間覇権を握ってきたのは、やはり邪神周回だと思います。
同じレベルのプレイヤーが引き合わされるので、人のつながりが出来るメリットも大きいです。

ただ多くのプレイヤーにとっては8人固定を組むというのは容易なことではなく、これまで邪神周回は「敷居の高いもの」という位置づけであったように思います。
しかし最近では防衛軍などをきっかけに、8人PTを組む人達が増えてきたように思います。

実は私も邪神周回はしばらくしていなかったのですが、新しいボスの組み合わせが出たというのもあり、最近は再開しています。
そこで今回は、我々の「妖女と災獣」の周回方法について書いてみます。

20170205-2335_366571164.jpg
(めざめの鬼石実装頃の周回メンバー。絵画はメンバーの一人の堀井賞受賞作品だそうです!)

■ 構成とコンセプト
全滅しない安定性を保ちつつ、快適に周回できる構成と戦略が望まれます。慣れている人が少なく、より安定させたい時は戦士や盗賊などの妨害役や、賢者や僧侶などの回復役を入れましょう。

我々は以下のような感じでやっています。

構成:パラ、道、踊、占、まも2、魔戦2
討伐タイム:平均50秒~1分程度

他にもこの構成でやっているパーティは何組かいますが、ヒーラーが占いのみなので、難易度は低くないです。
占いを賢者にすれば愚者がない分タイムは長くなりますが、崩れた場合のリカバリーはしやすくなるでしょう。

DQXGame 2018-01-03 00-41-56-013

■ 準備と役割
前提として、幻妖の魔光はパラがかばいきれないことがあるので、磁界上なら耐えられるように調整しておきましょう(装備と宝珠で闇耐性20以上と麻痺G)。
あとは印籠などで雷を盛った方が安定します。
まもはリンクもあるので、パワチャでOKです。
料理はバトステなどがよさそうです。太りすぎ注意。

<パラ>
闇耐性100、キャンショ技巧、スタンショット技巧
足などで重さを盛る(他数名の補助とで災厄と拮抗できる)
におうだちとキャンショでパーティを守る
いてつくはどうをキャンショ、魔蝕をにおうだち(or キャンショ)、じひびきをキャンショ(におうは出来ない)、連撃・幻妖の魔光・闇の流星をにおうだち

<道具>
ブメ、ハンマー
リムーバーができるので、保険に他の耐性(呪い、混乱、封印)があってもよい
磁界で災厄の特技怒りを取ってタゲ逃げ(相撲を発生させる)
メディカルとリムーバー(魔勇者の通常の全属性耐性低下を消す)
なるはやでDBを打ってラッシュの起点を作る

<踊り>
スティック(キラポンまで)、扇、短剣
スターダム推奨(風虎やクロッシュにもメリットはある)
ラップやステップで火力補助、おたけびで魔勇者を止める

<占い>
棍orムチ
ヒーラーを担当しつつ、皇帝でDB(またはクロック)を早め、愚者で火力を補助
足払い(またはムチおた)で魔勇者のスタンを補助
うちの占い師のデッキを借りてきたので、一つの参考にして下さい。

F4uey5y0.jpg

<まも2名>
爪、ムチ
ベルトは風>雷推奨(魔勇者が風小弱点)
メイン火力を担当
開幕、魔勇者にスパークショットで幻惑をいれる
愚者FBレボル、あれば災禍ガジェのあと、魔勇者と災いにゴリライガーを1発ずつ&タイガー

<魔戦2名>
弓、スライムショット推奨(50%で開幕CT短縮狙い)
弓ポン、クロックチャージ
FBを魔勇者と災いに1発ずつ入れる
最後にマダンテでお掃除(慣れパーティだとマダンテ前に終わることの方が多い)

■ 基本的な流れ

20130929042339.png

魔勇者がHP75%イン後に確定の闇のころもで凶悪になるため、動きを止めている間にラッシュでしっかり落としきることが大切です。魔勇者の方がHPが低いのもあって(魔勇者:71190<災い:91008)、魔勇者から先に倒します。(ただし、大体同時になる)

【0~20秒】
道具が少し前に出て磁界を敷く(数秒ごとに怒り判定あり)
まもAは魔勇者にスパショ(2回まで)後に占いリンク、まもBは道具にリンク
各種バフ(パラにキラポン、会心ラップ、ストームフォース、スクルト、教皇など)
予定外の怒りは魔戦やまもがロストアタック
風斬りの舞で範囲バイキ(開幕早々だと消されるリスクが上がる)
クロック(まれに魔戦2人とも開幕CT短縮なく、かつ占いに野良皇帝が来なかった場合は遅れる)

【20秒~30秒】
DB(開幕CT20秒に短縮されているはず)
ビーナスステップ、FB、愚者
レボルは基本魔勇者、好条件時は災い
踊りのおたけび(+占いの足払い)で魔勇者をスタン
踊りが災禍や荒神を使うときは、まもや魔戦がおたけび

【30秒~60秒】
フルボッコタイム
落とせそうなときはパラも災厄にスタンショットを入れて攻撃参加

最低でもビナステFB愚者があるため、ゴリライガー1発ずつ+αで2体とも倒せるというのが基本的な考え方です。
DBが外れた(=FBが小ダウンになりがち)場合や、不慣れな人が多い場合には、おたけび後の魔勇者にパラか道具がスタンショットを入れてスタンリレーを行うと安定しやすいです。(スタンの時間はおたけびが12秒、スタンショットが7秒)

また引きがすごく悪い場合には、おたけび(=ラッシュの開始)を35~40秒くらいまで遅らせることによって、魔勇者の寝起きにマダンテが間に合うようにして、ぐだりを防ぎます。

平均的な条件での戦闘は以下のようになります。



■ 崩れないためのコツが沢山ある
邪神の宮殿が実装されてから2年以上が経っていますので、邪神周回の歴史も非常に長いです。
その間、邪神の住人たちによって開発されてきた様々なノウハウがあります。

いくつか例を挙げると、
魔勇者の幻妖の一閃は前方扇状範囲なので、基本的に避けられます。
におうだちの範囲は5mなので狭いですが、パラの隣まで来る必要はありません。(自分―魔勇者―パラという立ち位置でも、5m以内にいれば魔光からかばってもらえます)
闇のころも+絶対零刀を避けられそうになければ、下手に逃げるよりその場で死んだ方が、よみがえり節でまとめて生き返しやすくなります。

このようなほんのちょっとしたことなのですが、積み重ねると結果には雲泥の差が生じてきます。

不慣れなパーティの場合は、なるべく経験者を何人か入れたり、妨害役や回復役を増やしたより安定重視の構成で、まず1分台周回くらいを目指してみるといいのではないでしょうか。

■ チャートは目安であり絶対ではない
チャートの理解や共有は周回を行う上で非常に大切ですが、展開によって最適なチャートは全く違ってくるので、各自が状況に合わせて動くことが必要です。チャートの番人のように、順守を徹底する必要は全くないです。

例えば以下の動画では好条件をひいたので、各自の判断でチャートを逸脱して動くことで好タイムを出すことができています。
(道具が開幕ガジェチャージしたのでDBカット、それを見越して占いも皇帝カット、災いへレボル、パラはスタン後即プレインなど。他にメディカルをカットするパターンも良いと思います)


良い記事だと思ったらクリックお願いします!

コメント

ひっそりと邪神周回を啓蒙活動している通りすがりです。簡潔かつ要点がわかりやすくとてもよい記事です!
1つ気になるところは魔勇者の確定ころも使用タイミングです。本文では黄色突入時とされていますが、正確には(非怒り時の)HP75%25%突入時となります。50%突入時は創生の魔力。

Re: タイトルなし

> ひっそりと邪神周回を啓蒙活動している通りすがりです。簡潔かつ要点がわかりやすくとてもよい記事です!
> 1つ気になるところは魔勇者の確定ころも使用タイミングです。本文では黄色突入時とされていますが、正確には(非怒り時の)HP75%25%突入時となります。50%突入時は創生の魔力。

はああああん。恥ずか死ぬ。。。
思いっきり太字にしてたところなのでやばかったです。
助かりました、ありがとうございます。
お互い啓蒙がんばりましょう!

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。